社労士の学校を探す為の情報

社労士の学校の、最近の講座にたまにある共通点

社労士の通学講座に通うときの大きなメリットのひとつに「先生に直接、質問するチャンスがある」という点があるでしょう。やはり、講義を聴いた直後に、気になった部分を質問できることは、かけがえのないメリットに思われます。

しかし、社労士の通学講座に申し込んだら、自動的のそのメリットが発生するとは限らないのです! そのことをどれくらいご存じでしょうか? 

学校の方針は、本当にバラバラです。結局、直接学校のガイドラインを確認するしかないのですが、「指定された教室に入ったら、講師が目の前に登場しない」という方式の講義も現在、珍しいものではなくなっています。講師が来ない代わりに、数日くらい前に収録された講義授業を、視聴しながら勉強する、という方式も使われている時代なのです。

この方式は、何もデメリットばかりではありません。このスタイルを利用して、欠席した受講者のために、その映像を使って振替出席ができるようにしている学校だってあります。学校側のメリットは、やはり社労士の講師のスケジュールや報酬を調整しやすいという点ですが。

それでも、生で講師の講義を受けたいという願望が強い受講者にとっては、このような社労士講座に申し込んでしまったら、期待外れに終わるでしょう。このあたりは、申し込みをする前に講座の詳細の確認を逐一(自身で)行うしかないでしょう。

Copyright(c) 社労士の学校を探すあなたに必見の情報です!. All Rights Reserved.