社労士の学校を探す為の情報

LECの通学講座

社労士の学校としても、教材の製作元としても、よく口コミで名前があがってくるところにLEC(東京リーガルマインド)があります。この、LECは今では非常にたくさんの資格を開講しているため、社労士の情報を知りたいと思ってもすぐに目当ての情報が出てこないことも少なくないようです。口コミがやたらに多いLECはいったいどんな社労士の学校でしょうか? 

Ⅰ-LEC(東京リーガルマインド)の、学校としての社労士講座の総評

LECは、日本の資格学校のトップを走るような存在となっています。常に、教材に時代の先端テクノロジーをいち早く使用しています。
「学校で、社労士なんて難しい勉強するのに、つい楽しくなる」という口コミも多いですね。

ただしその分もあるのでしょうが、授業料が総じて高めになりやすいことを懸念する声もあります。また、講義の種類やシステムの種類が多すぎで、「自分が実際にどんなやり方で勉強することになるのかははじまってみないとわからない」という口コミもあって、社労士の学校としてはコース間でのギャップも生じています。
LECは進歩が激しいため、1年でもう受講スタイルが変わってしまうことも多いですからちょっと社労士の口コミを聞いただけでは判断しないで、申し込む前にLECの学校のほうからよく説明を聞いて判断するに越したことはないでしょう。

Ⅱ-LEC(東京リーガルマインド)が学校として開講しているメインの社労士の講座

  • 新合格コース(初級者向け) 約250000円
  • 新・実力完成口座(初級者向け) 約150000円

通信講座等を使う場合は1~20000円前後安くなることが多いです。

Ⅲ-講座の形態

  • 生講義クラスほか、講義のビデオを教室ないし個別のブースで視聴するクラスの区別あり
    (学校によって違いあり)
  • 通信講座あり(DVDほか、Webを通しての動画配信、ないしデータのDL等の区別あり)

講義に出席しづらい事情があれば、大画面で講義を流してもらう大教室で受講することも、個人スペースを用意してもらってそこで講義を再生することもできます。
通信講座を選ぶと、パソコンのほかにスマートフォンでも講義を再生できます。

Ⅳ-LEC(東京リーガルマインド)の社労士講座で採用している教材

  • テキスト:オリジナルのテキスト使用。

どのコースを選ぶのかによって少しずつ体裁が異なります。重要な部分を強調してくれるなど大きな特徴は共通していますが、ある講座ではテキストがリバインダー式で分解できるシステムなのに、他の講座ではそうではない、といった格差もあります。
図表は多めに入っていますが原則として一色刷りで単調だという口コミもあります。

Ⅴ-LEC(東京リーガルマインド)の社労士講座のサポートシステム

自習室(DVDの再生も可能)やメールマガジン等が充実しているほか、開講日を自由に決められる制度や、受講者同士のネット上の交流ができるサービス等、ユニークなサポートがたくさんサービスされています。

Copyright(c) 社労士の学校を探すあなたに必見の情報です!. All Rights Reserved.