社労士の学校を探す為の情報

ダイエックスの通学講座

社労士の学校としてなかなかの評判が流れている学校のひとつにダイエックスがあります。
ダイエックスは学校だけが評判なのではなく、通信講座や出版部門が発行する参考書類でも有名ですね。もちろんダイエックスの学校の社労士講座だって評判は高く、捨てたものではありません。

Ⅰ-ダイエックスの、学校としての社労士講座の総評

ダイエックスは社労士の学校として高い評判を獲得するために受講者に好まれる制度をこれまで多数用意してきました。肝心の講義の中身も、必要なことを率先して教える体制で人気は上々です。「慣れてくると、一気に社労士の勉強がはかどる学校」という評判もあります。

ただし費用はやはり割高なことがネックとなっているほか、初心者が入学して勉強しようと思ったときに受講期間がどうしても少し長めになってしまうという点もネックでしょう。
忙しくてもたっぷりと予算と時間をかけられそうなときには向いているのではないでしょうか。

Ⅱ-ダイエックスが学校として開講しているメインの社労士の講座

  • 標準マスターコース(初級者向け) 約180000円
  • 合格総合マスターコース(初級者~中・上級者向け) 約200000円

通信講座等を使う場合は数万円安くなることが多いようですね。

Ⅲ-講座の形態

  • 教室通学、ただし個別映像通学での補講も可能
  • 通信講座あり(DVD/ Webの区別あり)

開講日に出席することが難しい場合は、その映像を学校で再生することが、期間内なら何回でもできます。
もちろん通信講座でも、DVD等を使って自宅で再生することも可能です。

Ⅳ-ダイエックスの社労士講座で採用している教材

  • テキスト:オリジナルのテキスト使用。

表組が特に多くて、整頓された印象でたくさんの事柄を目で追っていけることが大きな強み、という評判がありますね(他の社労士の学校でも表組はよくつかわれますが)。
しかし、「ちょっとごちゃごちゃしている気がする」といった評判もあり、大事なことを説明する部分でも、二色刷り程度でしかつくっていないことを懸念する声(「あと少し、見やすい工夫がほしい」という意見も出ています)もあるようです。

Ⅴ-ダイエックスの社労士講座のサポートシステム

フリータイム受講制度(時間帯を決めて、その間は30分単位で都合のよい時間を指定できる制度)、また複数受講制度(一度受けた講義をまた違う日時に受講できる制度)等を用意して忙しい受講者に合わせてくれます(ただし、制限はありますし校舎による違いもあります)。
予約や受付時間の決まりはありますが、質問やカウンセリング等の制度も完備しています。

Copyright(c) 社労士の学校を探すあなたに必見の情報です!. All Rights Reserved.